QLOOKアクセス解析AX
エゴ抜きには語れまい(入院3日目)
お家の犬が入院。





前立腺の癌です。

4月10日で12歳になる予定のマルチーズのオス。
わたしと誕生日が一緒っつーことに勝手に運命感じてる!

元々小さくあって薬等で何年か具合を見ていたものが ここのところ腰から足を圧迫するほどの大きさに。

・突然 左足が動かなくなったと思ったら右足も不自由になる。
・それでも縺れながら動いていたものが ころころと転がり移動するようになる。
・ご飯を食べない。
パンに水分を含ませたものを食べていた時はまだよかったけど水分以外積極的に
とらなくなってから パンかゆをあげたりクリームなめさせたり
でももーだめだーと病院へ入院 現在 点滴。

今日様子見とこれからのことを相談に病院へ
ああ 病院に行く前と顔色が全然違う!
とりあえずの栄養が取れているせいだろうな
顔をみると激しく吼える姿に 家族皆涙目と涙声。

先生が色々とお薬を試してくれているようだけど まだこれといって解決策なし。
点滴のせいで水分過多というか・・・水分がうまく回らないので足と首元 もうぱんぱんになってる。
後ろ足は完全に動かない状態。
痛みをとることは今のところ出来ないらしい。
明日お家につれて帰る事にして 食事面とう先生が色々そろえてくれるそうなのでそこはちょっと安心。
やはり口からの栄養は ミルクのようなものを溶いてシリンジかなにかで口に注入という事になりそう。
今まで与えていた錠剤の痛み止めはなしに。

犬が入院してからこっち 家に帰ってきても雰囲気が全く違う。
なんか暗い。空気がしんとしているのが更に暗い。
痛がっているのは分かっているだけど それでも居てくれと思うことは人の勝手だよなあ

メモがてら綴る犬ちゃん日記。
[PR]
by chiru_o | 2009-02-25 23:54 | 犬ちゃん日記