QLOOKアクセス解析AX
犬ちゃん日記 二回目投稿にして結末。
すでにお別れもすましてしまった。




b0035084_22333143.jpg

お別れ当日のお骨周り。
今は 更にお菓子やら好きだった食べ物やらが一緒に置いてあります。

まだまだ最期のことは思い出にはできないので 哀しい中での思わずぶはっ と笑ってしまった話。

火葬場での事です。
お見送りをーーと ダンボールに移されたいぬっこを最後とばかりに撫で回していたら
さすがにぼろっと目から落ちるものがあった
1時間ほどお待ち下さいとソファセットに座って ティッシュで鼻をぶーっとやっていた時のこと
ふと自分の足元をみると ジーンズの裾が靴下の中にはいっとる!!!
ちょっ こんなんでずっと?!と思うと哀しいシーンでの自分の姿が思い出されて 家人と笑いあった。
そんな事をやってたらなんだか落ち着いてきたので 周りをきょろっとみてみましたよ。
納骨堂に ほほう となったり お骨を入れる入れ物にも ほほう 色んな種類がありますよね。
陶器だったり紙製だったり。

うちのはやっぱり小さいなあと実感したのは 骨になった姿を見たときですが。
細い骨たちだ。でもちゃんと骨の形がわかる。歯もちゃんとのこってるよ 犬歯も立派にあった。
小さい頃からずっとはめてた首輪の鈴が 黒く焦げて残っていたので 
それも骨と一緒に持ち帰ってきたのです。
こういう焼残りは 火葬場の方がちゃんと残して置くもの片付けるもの 分けてくれているだろうなあ
一緒に燃やしてもらったのは お洋服とか写真とかお花とかだったけど それらの燃え残りはなかったから

ぬいぐるみの小さいのなんかは一緒に入れられてもいいですよ と言って頂いたのですが。
やっぱり 普通はお気に入りのぬいぐるみなんかがあるもんなんだろうな
うちのは ぬいぐるみにはあまり興味を示さなかったので そんなのがないのですよ。

また おいおい書いていこう。
[PR]
by chiru_o | 2009-03-08 23:15 | 犬ちゃん日記